法多山の厄除けだんご

今年の節分で後厄も終わり、これでメデタク厄が明けたので
お礼参りに静岡県の厄除観音、法多山へ行って来ました。
ふだんはまったく不信心なワタクシだけど、この厄というヤツだけは別。
それというのも前回の19の厄年。とにかくこの年はロクなことがなかった。
人生最大の失恋に始まり、かわいがっていた犬は天国へ、
町へ出れば財布を盗まれ、干物をかじって前歯を折る。
今回もなんかヤなこと起こるんじゃないかと
後厄が終わるまでは、なんだかスッキリしない気分だったのです。
そんなわけで、前厄、本厄、後厄、お礼参りときっちりお参りしてきました。

・・・でもほんとのことを言うと、半分はこれが目当て。
dango.jpg
この楊枝を1本1本割いて食べるのが、なんとも楽しくおいしいのです~。
おもちも、上新粉なのかな、ぷりぷりっもちもちっとしててグー。
伊勢の赤福なんかより断然おいしいです。

んがっ!
この団子を手に入れるには、法多山へ行って、長い長い参道をひたすら歩かなきゃいけません。
最後の石段はかなりキツイですが、仕方がない。
なにせお寺の境内でしか販売してないのです。
(私の住んでる地方では、たまーにデパートのフェアで限定販売されるときもありますが。)
このプレミア感が、またいいのかも。
この日も、団子目当て(?)に全員70過ぎと思われる団体さんが、えっちらおっちら石段を登っておられました。
縁日には限定の茶団子バージョンも販売されてるらしいです。
むむー食べたいです。

こちらの地方へ足を運ばれる機会があったら、ぜひ。