【食費篇】食費は安値を探さない

食品の購入は1週間でまとめ買いにしています。
その際、特にチラシを見て、安値日を狙って行ったり、スーパーをはしごしたりはしていません。
(イオンの5%引きの日に、まとめ買いの日をあわせるようにはしてますが)
買うものもあらかじめほとんど決めているので、買い忘れも無駄な買い物もほとんどないです。
足りないものがあったときだけ、週の半ばに買い足しています。
子供2人を抱えての買い物は大変なので、この方法が一番ラクだし、
かえって食材を無駄にすることもなくなりました。

ハチコがまとめ買いの日に買うもの

・牛乳・卵・豆腐・納豆・食パン・ヨーグルト・チーズ・麺類1つ(焼きそば・生ラーメンなど)
これらのものは必ず買うものです。

・野菜2種類
ありがたいことに、父が家庭菜園で作った野菜をくれるので野菜はほとんど買いません。
もらえないものを2種類だけ買う、と決めています。そのとき安いものやアレンジしやすいものだけ買うようにしています。

・肉3種類・魚2種類
メインのおかずとなるこれらの食材も、献立をあえて考えずに数を決めて買います。
肉類は
細切れを1つ・ひき肉を1つ・あとは作りたいものを1つと決めています。
量はひとつが3人分の料理が作れる程度。
夫が夕食を食べない日があったりするので、昼夕食分が十分カバーできます。

・出会いの品を1つ
いくら安くても使わなければムダになるので、買わないようにはしていますが
こ、これは!と思うものや、うわーおいしそう!と
どうしても購買欲をそそられてしまったものは1つ買ってもいいことにしちゃっています。

あとは乾物や調味料など、在庫を見て足りなくなったものをメモして買い物をします。

このメモがすごーく大事だと思うのです。
買い忘れて、またスーパーに行くと、ついつい余計なものを買ってしまいがち。
私はいつも携帯にメモをはさんで買い物に行きます。

この1回の買い物で5千円を目安にしています。

これで1ヶ月25,000円。足りないものを買うと大体30,000円という計算。
うちの食費の月の予算は30,000円なのでこれでちょうどということになります。

Comments are closed.