保険料の支払方法にもコツがある

保険料といえば、毎月決まった銀行口座から自動引き落としするのが当たり前、と思っていませんか。
支払い方はこれだけではありません。
支払方法によって保険料には大きな差が出るのです。

支払方法の違いは3つあります。
それぞれ、矢印の右に行く方が割安です。

◆ 支払い期間

月払い→半年払い(2%)→年払い(4%)→複数年払い(加入時期、年、会社による)→全期前納(加入時期、会社による)

まずはとにかくまとめて払うことがポイント。
カッコ内は月払いに対する割引率です。年間12万円とすると、年払いでは4800円安くなるということになりますね。

◆ 集金方法

口座振替や営業職員が集金→給料からの引き落とし

口座振替の場合無料で引き落としされているように思いますが、実はこの経費はしっかり保険料に含まれていて、集金の金額と変わらない会社が多いのです。
口座振替と給料引き落としは支払う側から見ると同じようですが
保険会社の考え方ではきっちり分けられているんですね。
サラリーマン・OLの方は給料引き落としにしてもらいましょう。

◆ 全額払う場合

保険料を全額一括で支払う場合も2つ方法があります。
こちらは単純に金額としては一時払いのほうがトクですが、注意点があります。
○全期前納払い

 保険料を保険会社に預かってもらい、その中から毎年保険会社が必要な保険料を支払っていく方法。
 次にあげる一時払いより支払う保険料は高くなりますが、加入中に契約者が死亡した場合、死亡後の保険料(つまり払いすぎた分)は戻ってきます

○一時払い

 保険料をまとめて支払う方法。
 支払う保険料は前期前納払いよりも安くなりますが、一時払いで支払った期間中に契約者が死亡しても保険料は戻ってきません
 
口座振替や給料引き落としは毎月でしかできないと思われている方も多いですが
保険会社に申し込めば、年払いや前納払いも可能です。
ぜひ、問い合わせてみて。

Comments are closed.